返済計画を立てながら借り入れ

有効活用しよう

借入金と返済方法

投稿日 2014年1月31日 1:44 PM | 投稿者 hensai

借入金と返済方法については、主にその借入金の資金使途や企業のキャッシュフローなどによって、返済方法が異なってきます。

例えば、個人の住宅ローンなどの非事業資金については、個人の収入金額の一定範囲に返済を抑えることが大切となってきます。

このため、そのような借入金と返済方法については、通常は長期間に亘る返済期間を設定します。

ただ、住宅ローンなどの担保付の借入金とは違って、マイカーローンや教育ローンなどの無担保の借入金は、

返済期間は少し短めに設定することになります。個人事業主や企業などの事業資金については、借入金と返済方法は、

主に資金使途に応じて設定する形となります。業績が進展している際に必要となってくる運転資金については、

返済期間は短期に設定をして、一旦返済をしてから、また必要な資金を借入するというように、

借入と返済を短期間で回転させていく形をとります。

これに対して、設備投資をする際の設備資金については、その設備投資から得られるキャッシュフローを基にして、

長期間の返済を組む形になります。このような、原則がいくつかありますが、個人事業主や企業の業績には波がありますので、

あまり利益が上がっていない状態の時には、金融機関は担保の差し入れを要求してきたり、

返済条件を厳しめに設定してくることがあります。このような場合に重要なのは、

金融機関に対しては事業に関する数字をしっかりと開示しながら交渉をしていくことです。