返済計画を立てながら借り入れ

有効活用しよう

バランス良く考える

投稿日 2014年1月31日 1:45 PM | 投稿者 hensai

借入金と返済プランをバランスよく考えなければならないのは、プライベートでの借り入れ時ばかりではありません。

事業における借り入れ時においても、借入金と返済プランはバランスよく、そして現実的に考えていかなければなりません。

事業における借り入れでは、大きな会社であればあるほど、専門家を雇って対処することができるため、

あまり神経質にならなくてもよい場合がありますが、個人事業主などの自営業スタイルである場合は、

借入金と返済プランをより慎重に考えることがたいせつです。プライベートに近い借り入れ利用になるケースもありますが、

プライベートとは大きく違う点があります。それは、雇っている従業員がいることです。

プライベートで借り入れをしている場合は、返済が滞っても、自分あるいは家族のみに影響が及ぶことになるわけですが、

事業を行っている場合は、関係者に影響が及びます。個人事業主として、借入金と返済プランを考える場合は、

各種経費を明確にし、新たに得られる利益の中から返済していくようにするのが安心です。

たとえば、新たに展開する予定の事業のために貯蓄していた資金を、返済プランに活用するのではなく、

新たに利益となるプラス部分から返済プランを立てます。

ただし、貯蓄が返済額よりも大きく上回る場合は、一括返済に充てることを考えてもよいです。

注意しなければならないのは、従業員に渡す給料を確保しておくことです。返済も大切ですが、従業員の生活も大切だからです。