返済計画を立てながら借り入れ

有効活用しよう

2014年1月 のエントリー


利率変換請求

2014年1月31日 - 13:56 | 投稿者 hensai

現在借入を行っている場合や、これから借り入れを行おうと検討している場合の借入金の重要ポイントと言えば、

課せられる金利が低いものかどうかという点にあるものです。

高金利で借り入れる場合の申し込みはいたって簡単な場合が多く、殆どの方ならばだれでも借り入れを行いやすいものですが、

その分返済時には、金利の高さにより苦しい思いをすることが多いものです。

法定金利以上に高額な金利を請求されている場合も多くあるもので、

現在では法律により定められている金利の利率以上の支払いを行ってきた場合の、

利率返還請求と言う物も社会問題の一つに挙げられるものです。

そのような事が無いように、借りることが簡単な金融業者でも、

その利率が正当なものであるかという事をきちんと確認することが肝心なものです。

また、借入金の重要ポイントとしては、現在の借入金がある人の場合には、前年度の年収の3分の1以内の借入でなければ、

お金の融資を行えないという金融業者に課せられた法律があることを理解しておくことも肝心と言えるものです。

但し、借り入れを行う人が全面的に得をするような借入の場合には例外があるという事も良く理解されておくことが大切なもので、

現在多くの借入金がある人の場合であれば、現在借り入れている借入金の利率よりも低金利のおまとめローンや、

銀行のフリーローンなどでは例外措置が取られるという事も借入金の重要ポイントである為に、現在借入金がある場合には、

より低金利のローンへの組み替えを検討されることが、借金を早く返済できるカギとなる物でもあります。

低金利による借入を受けることが最適なものです。

カテゴリー 未分類 | 利率変換請求 はコメントを受け付けていません。

審査の難度

2014年1月31日 - 13:54 | 投稿者 hensai

借入金の重要ポイントが、いくつかあります。

まず、借入金の重要ポイントは、審査の難度です。

良い金利でも審査が通らないのでは、まったく意味がありません。

金利が高いと言うことは、かなり審査が甘いと言うことでもあります。

逆に言えば、金利が低いと言うことは、審査が厳しいのです。金利は低ければ、低いほど良いです。

何しろ、僅かな金利差でも、最終的に払う金額がまったく違ってきます。

ですから、金利はできるだけ安いものを選ぶようにしましょう。

また、もう一つ、借入金の重要ポイントがあります。

それは、自分にあったものを選ぶことです。

当然のように思われるかもしれませんが、これが意外としっかりと考えている人は少ないのです。

金融機関側の言い分を唯々諾々として聞いていたら、間違いなく自分に不利な借入になります。

ですから、しっかりとした知識を持って、交渉に挑むような態度で臨むと良いでしょう。

別に喧嘩腰になる必要はありませんが、すべて相手の言いなりになる必要はありません。

金融機関はいくらでもありますので、いろいろと回ってみることが必要です。

また、どんなことにその借入金を使うのか、と言うことも重要です。

例えば、車を買うための借入金ならマイカーローンが良いでしょう。

家を買うなら、住宅ローンです。特定の目的の為の借入金の場合、少し金利が安い場合があります。

そうした融資方法を積極的に調べてみて、申し込んだほうが良いでしょう。

カテゴリー 未分類 | 審査の難度 はコメントを受け付けていません。

金融機関にもいろいろ

2014年1月31日 - 13:52 | 投稿者 hensai

借入金の重要ポイントが、いくつかあります。

まず、借入金の重要ポイントは、審査の難度です。良い金利でも審査が通らないのでは、まったく意味がありません。

金利が高いと言うことは、かなり審査が甘いと言うことでもあります。

逆に言えば、金利が低いと言うことは、審査が厳しいのです。

金利は低ければ、低いほど良いです。何しろ、僅かな金利差でも、最終的に払う金額がまったく違ってきます。

ですから、金利はできるだけ安いものを選ぶようにしましょう。また、もう一つ、借入金の重要ポイントがあります。

それは、自分にあったものを選ぶことです。当然のように思われるかもしれませんが、

これが意外としっかりと考えている人は少ないのです。

金融機関側の言い分を唯々諾々として聞いていたら、間違いなく自分に不利な借入になります。

ですから、しっかりとした知識を持って、交渉に挑むような態度で臨むと良いでしょう。

別に喧嘩腰になる必要はありませんが、すべて相手の言いなりになる必要はありません。

金融機関はいくらでもありますので、いろいろと回ってみることが必要です。

また、どんなことにその借入金を使うのか、と言うことも重要です。例えば、車を買うための借入金ならマイカーローンが良いでしょう。

家を買うなら、住宅ローンです。特定の目的の為の借入金の場合、少し金利が安い場合があります。

そうした融資方法を積極的に調べてみて、申し込んだほうが良いでしょう。

カテゴリー 未分類 | 金融機関にもいろいろ はコメントを受け付けていません。

目的別ローン

2014年1月31日 - 13:51 | 投稿者 hensai

借入金の重要ポイントについて記述する際、それがクレジットカードローンであれ、

銀行を中心にして商品が展開されている目的別ローン、消費者金融からの借り入れであっても、種類を問わず、借り過ぎないことと、

金融機関から判断された融資額が業者によって異なることを理解し、それと返済利率とのを差を認識することです。

借入金の重要ポイントは、多くの場合に借り過ぎることに起因して発生する問題を防ぐことです。

最初から借り倒す目論見の人はいない、という前提で記述をしますが、借入金の重要ポイントが借り過ぎない、

つまり自分の収入と支出を的確に把握し、生活においてどの程度我慢ができるかを認識することなのです。

融資額と返済利率の関係で、自分にとって最適な借入額を、返せる返済利率で貸し付けてくれる業者を探すことが、

最も重要な借り入れのポイントですが、それをする為に必要なのが、業者比較であり、それ以前に為すべき自己分析なのです。

お金を借りたから節約をして返済をする計画を、例えば立てたとしても、最初から無理な節約計画では破たんしてしまいます。

ローンで借入金を得る前に、自分が長期間に渡り生活の嗜好を変えて、

節約に取り組める事柄、節約できる金額の範囲を把握して実践することは、

本当に可能かを自分に確認することが何よりも重要なポイントです。計画的な返済、という宣伝フレーズがありますが、

それは借りてから計画的に返済を続ける為に、事前に計画的な借り入れをすることを言っているのです。

カテゴリー 未分類 | 目的別ローン はコメントを受け付けていません。

金利を考える

2014年1月31日 - 13:50 | 投稿者 hensai

人生において、借金をしない、と言う人は殆どいないでしょう。

よっぽどの資産家の子息でもない限り、家なり車を買うときには、ローンを組むはずです。

ですから、借入金の重要ポイントを知っておくことは、人生にとって非常に良い効果があります。

借入金の重要ポイントの一つは、金利です。計算して見ると分かると思いますが、金利と言うのは恐ろしいものです。

一パーセントの違いでも、最終的に払う金額がかなり違ってきます。

ですから、基本的には金利の安いところに融資をお願いするといいでしょう。

もちろん、必ずしも融資してくれるわけではありませんので、いくつか候補を挙げておいて、

融資を断られたときのことも考えておましょう。

もう一つの借入金の重要ポイントは、返済期間です。返済期間が長ければ長いほど、大きな金額を借りても月々の返済は少なくて済みます。

しかしそれは、金利を多く払うことに他ならないのです。ですから、返済期間は短ければ、短いほど良いです、

しかし、そうすると月々の返済額が高くなります。それでも生活が大変でしょう。

つまり、そのあたりの絶妙なバランス感覚が必要となるのです。

よくよくシュミレーションして、どのくらいの返済額なら月々支払えるか、と言うことをよくよく検討しましょう。

お金を借りるということは、非常に助かるものでもあり、怖いものでもあるのです。

一つ計画が頓挫すると、一気に借金が返せ無くなることもあるのです。計画はしっかりと立てましょう。

カテゴリー 未分類 | 金利を考える はコメントを受け付けていません。

借りすぎると返済が大変

2014年1月31日 - 13:48 | 投稿者 hensai

借入金の重要ポイントをしっかりと考えてからお金を借りると、上手く借入をする事ができます。

借入金の重要ポイントとして、何の目的でお金が必要なのかをしっかりと考え、

本当にお金が必要かどうかをもう一度良く考えて見る事はとても大切なことになります。

お金を借りるとゆうのは、お金が必要な場面でとても大きな助けになるものです。

しかし、借りた金額はどのような事があっても必ず返済しなければなりません。

消費者金融など金融業者で借入をする場合、とても簡単にお金を借りる事ができるので、ついつい借りすぎてしまう事があります。

あまりにもお金を借りすぎると返済がとても大変になります。

また、消費者金融などの場合は利息が発生します。そのため、借りた金額以上のお金を返済しなければならないので、

しっかりと考えてからお金を借りる必要があります。また借入金の重要ポイントとして、返済計画を持つ事がとても重要なポイントです。

借入金がどのくらいの額になっても、返済する事ができるのであれば、問題がありませんが、

返済できなければ大変なことになります。そうならないためにも、自分の収入をしっかりと考えて、

無理のない借入をするのが大切になります。また、借入金は出来るだけ早く返済を済ませるほうが好ましいため、

返済計画を立てる場合も、出来るだけ素早く返済できるように計画を立てるのが良いです。

お金が必要な場面で、お金を借りる事ができるのはとても便利なものですが、しっかりと返済できなければ逆効果になる事があります。

カテゴリー 未分類 | 借りすぎると返済が大変 はコメントを受け付けていません。

借り入れの重要なポイント

2014年1月31日 - 13:47 | 投稿者 hensai

借入金の重要ポイントは、いくつか考えられますが、その中でも特に重要といっても過言ではないのが、返済計画の作成です。

返済計画と一言で言っても、あくまで計画。将来に関することなので、全てが返済計画の通りにいくとは限らず、

そうすると、修正を強いられることも考えられます。そこで、借入金の重要ポイントの1つ目は、より具体的な返済計画を作成することです。

つまり、返済計画はキャッシュフロー表等を用いて作成していくことになろうかと思いますが、その際、収入と支出の複数設けて、

その1つひとつに具体性や確実性を持たせたものにすることが重要です。

これは、借入金を行う際の交渉に、より説得力を持たせるという効果が得られます。

そして、借入金の重要ポイントの2つ目は、保守的な返済計画を立てることです。

保守的とは、会計学でよく出てくる用語ですが、一言でいえば「収入の見積もりは低めに、

支出の見積もりは高めにすること」という表現で大方の説明ができます。

すなわち、収入は、高いに越したことはないものの、低かった時は想定したよりも手元の現金が少なくなるリスクがあることから、

こうしたことをあらかじめ考慮しておく必要がある、ということです。

同様に、支出は、低いに越したことはないものの、高かった時は想定したよりも手元の現金が少なくなるリスクがあるため、

そのことをあらかじめ考慮しておく必要があります。以上、借入金の重要ポイントについて、返済計画の作成に焦点を当てて述べました。

カテゴリー 未分類 | 借り入れの重要なポイント はコメントを受け付けていません。

バランス良く考える

2014年1月31日 - 13:45 | 投稿者 hensai

借入金と返済プランをバランスよく考えなければならないのは、プライベートでの借り入れ時ばかりではありません。

事業における借り入れ時においても、借入金と返済プランはバランスよく、そして現実的に考えていかなければなりません。

事業における借り入れでは、大きな会社であればあるほど、専門家を雇って対処することができるため、

あまり神経質にならなくてもよい場合がありますが、個人事業主などの自営業スタイルである場合は、

借入金と返済プランをより慎重に考えることがたいせつです。プライベートに近い借り入れ利用になるケースもありますが、

プライベートとは大きく違う点があります。それは、雇っている従業員がいることです。

プライベートで借り入れをしている場合は、返済が滞っても、自分あるいは家族のみに影響が及ぶことになるわけですが、

事業を行っている場合は、関係者に影響が及びます。個人事業主として、借入金と返済プランを考える場合は、

各種経費を明確にし、新たに得られる利益の中から返済していくようにするのが安心です。

たとえば、新たに展開する予定の事業のために貯蓄していた資金を、返済プランに活用するのではなく、

新たに利益となるプラス部分から返済プランを立てます。

ただし、貯蓄が返済額よりも大きく上回る場合は、一括返済に充てることを考えてもよいです。

注意しなければならないのは、従業員に渡す給料を確保しておくことです。返済も大切ですが、従業員の生活も大切だからです。

カテゴリー 未分類 | バランス良く考える はコメントを受け付けていません。

借入金と返済方法

2014年1月31日 - 13:44 | 投稿者 hensai

借入金と返済方法については、主にその借入金の資金使途や企業のキャッシュフローなどによって、返済方法が異なってきます。

例えば、個人の住宅ローンなどの非事業資金については、個人の収入金額の一定範囲に返済を抑えることが大切となってきます。

このため、そのような借入金と返済方法については、通常は長期間に亘る返済期間を設定します。

ただ、住宅ローンなどの担保付の借入金とは違って、マイカーローンや教育ローンなどの無担保の借入金は、

返済期間は少し短めに設定することになります。個人事業主や企業などの事業資金については、借入金と返済方法は、

主に資金使途に応じて設定する形となります。業績が進展している際に必要となってくる運転資金については、

返済期間は短期に設定をして、一旦返済をしてから、また必要な資金を借入するというように、

借入と返済を短期間で回転させていく形をとります。

これに対して、設備投資をする際の設備資金については、その設備投資から得られるキャッシュフローを基にして、

長期間の返済を組む形になります。このような、原則がいくつかありますが、個人事業主や企業の業績には波がありますので、

あまり利益が上がっていない状態の時には、金融機関は担保の差し入れを要求してきたり、

返済条件を厳しめに設定してくることがあります。このような場合に重要なのは、

金融機関に対しては事業に関する数字をしっかりと開示しながら交渉をしていくことです。

カテゴリー 未分類 | 借入金と返済方法 はコメントを受け付けていません。